濱守栄子よりメッセージ

s-0213

はじめまして。シンガーソングライターの濱守栄子です。

夢のない学生時代を過ごした私は、親に言われるがまま高校を卒業し、 お堅い金融機関に就職し、安定した未来を手に入れました。

その直後、母親が病気で亡くなり、祖父は自殺し、祖母も亡くなり

「人間っていつ死ぬか分からない。だったらやりたいことをやろう。」と思いなおし 29歳で歌手を目指して上京しました。

そうなんです。私は29歳でやっと「夢」を持つことができました。

ピアノ弾き語りを始めたのも30歳過ぎてから。 何かを始めるのに遅すぎると言うことはないと私自身が体験しています。

そして、「夢は一人でも多くの人に話すと叶いやすくなる」と言われています。 私自身がそうやって沢山の夢を叶えてきました。

今はふるさとの復興を願って、命の大切さと夢を持つことの素晴らしさを歌い続けています。

私の経験や歌が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

濱守栄子