「あの陸前高田」発表会 7月28日アバッセにて。

【陸前高田界隈の方々へのシェア歓迎】
忘れたくないのに忘れてしまうんです。
あの陸前高田。。。

明日はいよいよ新曲発表です。
なんとか陸前高田バージョンも間に合いそうです。
(まだ完成してない💦今夜徹夜で頑張る💦
※CDリリースの予定はありません。

この曲を作ろうと思ったのは、震災から7年も経過し
自分でもビックリするほど震災前の風景が思い出せないと言うこと。

車のナビを見て「あぁ、ここに駅があったのか」
「そういえば市役所は。。。」と思い出すことは出来るけど。

悲しいけど人間は忘れていく生き物であることを
痛感しています。
忘れたくないのに、どんどん忘れていく。。。

ならば!歌にして残そう!と思い立ち
陸前高田に住んでいる人、詳しい人達に情報共有を頂きながら作りました。
それでも思い出せない場所は、震災前の地図を見て作りました。

懐かしさが込み上げて来るので、曲にしても果たして歌えるのかどうかと言う葛藤もありました。
あくまで、私の主観の入った楽曲です。
高校時代~29歳まで陸前高田に関わっていた濱守栄子の目から見た陸前高田。

当時目立っていた気になるお店や、いつもお世話になっていたお店、公共の建物。
沢山の名前がこの曲に出てきます。
勝手に使わせていただいているお店の皆様、、、、ご理解いただければと思います。
みんなでノスタルジーに浸る時間に出来ればと思っています。

陸前高田の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

シェア・応援大歓迎です。
この曲を必要としている人に届くことを願って…

7月28日土曜日、11時半~
アバッセのイベントスペースにて。
http://abassetakata.jp/archives/event/1300

共演者に陸前高田の「まっと」も魂の歌を歌いますのでお楽しみに。
この二人で日曜日は北上でも歌います。

ちなみに、「あの大船渡」は8月3日のさんりく大船渡夏祭りでお披露目いたします。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

大阪での震災について

音楽以外のテーマでブログを更新するのはかなり久しぶりの気がしています。

6月18日朝7時58分、私は偶然なのか必然なのか、大阪にいました。

ホテルの8階に泊まっていて、ちょうどトイレに入っていて、手を洗おうとしたその時

突然激しい揺れに襲われて、とっさにドアを開けてとりあえずの出口を確保しました。

そしてすぐにテレビをつけて被害確認。とにかく情報が欲しかった。

「津波の危険がない」と知って「ホッ」とした。

私にとってのこの震災は、エレベーターが停止したので、階段でフロントまで行くのがしんどいなぁと言うレベルでした。

 

14時50分の飛行機を予約していたので、その頃には電車も復旧するかと安易に考えていた私。

しかし時間が経過するにつれ、被害状況が明らかになってきた。

道路が陥没して水が溢れていたり、高速道路は閉鎖。

プールの壁の下敷きになった小学生が心肺停止状態(のちにお亡くなりになったとのこと)だったり

他にも数名死者、何十人もケガをされている。。。

ようやく、この震災がただものではないと言うことを理解した私。

 

とりあえず10時が過ぎたのでチェックアウトをした。

電車は止まっているけど、バスなら乗れるだろうと、これまた安易に考えていた。

しかし、バス停に並んでいてもバスがこない…。おまけに長蛇の列…。

1時間後にやっと来たバスは、満員状態でとてもとても乗れる状況じゃなかった。

タクシーもほとんど通らない&通っても止まらない。

 

これは、、、、どうしたものか。

空港まで歩いていくことも考えた(約2時間とのこと)

 

とりあえずゆっくり考えたいので、いったんホテルに戻ってロビーで休ませていただくことにした。

 

その間、関西のお友達数名とメールでやり取りして

友達の友達が空港まで送って行ってくれることになりました。本当にありがたい。。。

 

ところが、その人が私を迎えに来る最中も、踏切の遮断機は降りていて通れなくなっていたり

道路も渋滞していて、、、、

普段30分で来れる場所に1時間半くらいかかった。

空港に行くのにさらにどれぐらいかかるだろうか?

飛行機が間に合わないことも視野にいれ、もう一泊することも考えたが

いずれ、なるようになるだろうとそこまで焦りはなかった。

 

空港には約1時間前に到着することが出来た。

私の乗る飛行機は、奇跡的に10分程度の遅れで済みましたが

他の便は欠航や1時間前後の遅延があったりで、空港内はかなり混雑していました。

 

仙台空港に到着してからは、テレビ局の人が待ち構えていて

インタビューされました。

 

そして、そこから車で盛岡まで戻ってきました。

**************************

これが、今回の私の大阪で経験した震災。

文字に書くと大したことない状況なんですけど、私の内面的な部分ではかなりの変化がありました。

私は、本当に沢山のキセキで生かされているんだと思うことが沢山ありました。

 

①ホテルのエレベーターが停止しているので、8階から1階まで荷物を階段で降ろしているとき、ちょうどホテルマンが通りかかって下まで降ろしてくれた。

②関西にいるお友達が心配して連絡してくれて、それから私も助けを求められた&受け入れることが出来た。

③あんなに渋滞していたのに、空港には奇跡的に1時間前に着いた

④もし乗る便が花巻空港行きだったら、すべて欠航していた(仙台空港を予約していたので予定通りだった)

⑤そもそもこれが2日前のライブ当日だったら、大阪に到着も出来なかった

⑥到着した時、空港は大混雑していたのに、お昼を食べて戻ってきたらめちゃくちゃ空いていてスムーズに荷物を預けられた

色んなキセキに助けられ、無事に盛岡に戻ってこれました。

 

また内面に関してですが
『命をもっと大切にする』という神様からのメッセージを頂きました。

私は、東日本大震災を通して防災のことを訴えてきました。
災害があった時に、家族や大切な人とどこで待ち合わせるか?連絡手段はどうするか?
そして、知らない土地で災害があった場合にどこに避難するのか…

訴えてきた本人が、いざとなると何もしてなかったと言う残念な結果だったのです。

父親には、大阪に行くことすら伝えてなく、万が一私が被災してもそれすら気がつかないまま過ごしたことでしょう。

今回津波が来なかったから良かったものの、もし警報でもきた時はどこに逃げるのかもサッパリ分からなかった。

東日本大震災を教訓にして、1人でも多くの人の命を守りたい、とかステージで言ってる割には
自分の命を守ろうとすらしてませんでした。

神様はそんな私に気づきを与えてくれました。

メッセンジャー失格ですね。
でも、この段階で気がつく事が出来て、教えてくれた神様に感謝です。

今後ステージに立つ際には、さらにパワーアップした濱守栄子でお届けできると思います。

 

昨日は、この震災が私にとって少なからず「ストレス」だったみたいで

少々過食気味でした。食べることで払拭しようとしているみたいな…。

 

だから今日はファスティングでデトックスしました。明日も行います。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

4Daysクリスマス会

12月11日から14日まで

大船渡市内のこども園3か所と、私もお世話になった末崎保育園でミニコンサートをさせていただきました。

このコンサートは

薬剤師の菅野彊先生、

株式会社ロッテ様(http://lotte-shop.jp/shop/?utm_source=Google&utm_medium=cpc&utm_campaign=lotteTD1)、

そしていわて復興エイド基金(http://www.iogolf.jp/iwateaid/)の3社の皆様のご協力で開催することが出来ました。

ロッテ様からはお菓子の提供と、菅野先生からはCDのご協賛があり

復興エイド基金さんからは義援金をいただき

私はそれらを持って歌のプレゼントをさせていただきました。

 

子どもたちの好きなキャラクターソングから

今のシーズンにぴったりのクリスマスソングまで

全10曲以上、子供たちと一緒に楽しませていただきました。

 

いつか大きくなって歌手を目指す子どもが増えたら。

歌手じゃなくても夢をかなえようとする前向きな気持ちを持ってくれたら。

 

とっても嬉しいです。

 

私も子供たちの無邪気で純粋な姿を見て

元気と勇気、疑うことのない真っすぐな気持ちを

持ち続けたいなって感じてきました。

 

ありがとう♡

 

 

 

12月15日、カフェビクトリアンさんで2回目のコンサート🎤

🌼誰に何と言われようと1年間自分はよく頑張った!
🌼自分には叶えたい夢がある!
🌼なんとなく疲れたから癒されたい!
🌼音楽がただただ好きだ!
🌼幸せになりたい!
🌼本当の自分を知るきっかけが欲しい!
🌼自分は自信がない…でもやりたいことがある!
🌼生きていることに感謝したい!
🌼濱守栄子が好き💖

1つでも当てはまる人、全員集合💖

(それ以外の人は多分、この会場にいるのが苦痛になるかも?)

このコンサートに参加していただけると

このままでいいんだ~~♡
もっと自分自身を愛せるようになります。

12月2日のコンサートは女性限定ですが
こちらは男性もOKですよ^^
人数が限られてますので、お早目のご予約をお待ちしております^^

🎤カフェビクトリアン🎹
濱守栄子ピアノ弾き語りコンサート~20171231700~
日時:2017年12月15日(金)
住所:盛岡市青山1-8-3 1F
電話:019-646-0880
OPEN 17:30 1st:19:00~ 2nd:20:30~
料金:1,500円(1ドリンク付き💖

3月20日のコンサートに、ひびきさんが協賛してくださることになりました♪

3月20日のコンサートに
東松山名物「秘伝のみそだれやきとり」でお馴染み「 株式会社ひびき」さんが協賛してくださることになりました♪

一昨年のバースデーコンサートの打ち上げに
ひびきさんを利用したことがきっかけで
それからずっと応援していただいています。

お食事券と、みそだれ(http://www.hibiki-shopping.com/SHOP/HT-0503.html)を
来てくださった皆様全員にお土産としてお渡し致します。
楽しみにしていてくださいね^^

このみそだれ最強ですので、Get出来た人はラッキーですYO!

【ギター:出淵晴彦よりメッセージ】3月20日バースデーコンサートのお誘い

3月20日のバースデーコンサートに向けて
ギターの 出淵晴彦さんからメッセージを頂きました!

いよいよ、バンマスの登場です^^

是非ぜひご覧ください。

そして、3月20日、お待ちしております♪
現在70名の方がチケットを手に取ってくださっています^^
全国の皆様、蒲田へGo!

IBCラジソン出演いたしました。

IBCラジソン、今年も出演させていただきました!

今年は、紙芝居師なっちゃんも一緒に!

なっちゃんはカホンも叩けるので、今回は紙芝居の他に私のライブのサポートもお願いしました!

お陰様でサウンドに厚みも出来て、華やかになりました♪

楽屋での1枚♪

今回のCDの売り上げは、ラジソンの趣旨に賛同し、ラジソン募金とさせていただきました♪

そして、県民リクエスト曲を演奏する「明日に架ける歌バンド」のメンバーとの写真。

今年はより一層リハーサルも重ねて挑みました!(とはいえ、私は1回しか参加出来てないのですが^^;)

終了後、村上弘明さんと一緒に1枚。

背が高くて声も顔もすべてかっこよかった~~~イケメンとはこのこと!

来年も参加したいな。

募金にご協力いただいた皆様、ありがとうございました♪

【9月1週目】濱守栄子メディア&ライブ出演情報

濱守栄子メディア&ライブ出演情報
①【IBCラジオ】ワイドステーション
◆9月 1日 (木)13:00 ~
ワイドステーションにゲストで出演いたします。
この日は番組が13時~スタートとなりますので、お気をつけ下さい。

※ラジコで全国で聞けます。
http://radiko.jp/

※応援メッセージもお待ちしてます。
https://www.ibc.co.jp/inquiry2/inquiry.php
②【IBCラジオ】「松原友希のアフタースクールラジオ」
◆9月 2日 (金)21:00 ~
http://www.ibc.co.jp/radio/684/houkago/

生出演します♪
21時~ですが、ナイター後となります。

※ラジコで全国で聞けます。
http://radiko.jp/

※濱守栄子宛応援メッセージもお待ちしております♪
https://www.ibc.co.jp/inquiry2/inquiry.php
③【ライブ】IBCまつり2016
◆2016年 9月 4日 (日曜日)
場所:岩手産業文化センター アピオ 屋外特設会場
http://www.ibc.co.jp/event/ibcmatsuri2016/

濱守栄子の出演は14:15からとなっております。
IBC新人アナウンサーのケンティ&ユキティと一緒に

「濱守栄子 with 長谷川&川島」として出演します♪お楽しみに☆

 

2週目以降は後ほど☆

1996年5月14日、遠い空の上に。

1996年5月14日、遠い空の上に。
【長文につき読みたい人だけどうぞ】
20年前の1996年5月14日。
ちょうど今ぐらいの時間に1本の電話。
病院にいる父親からの電話。
「お母さんの容態が急変した。すぐに来い」と。
安定していた心電図が急に乱れて、こうして電話をしているうちにも「0」になるらしい。
ゼロになって、また少し動き出して、、、その繰り返しだったそうだ。
とうとうこの日が来るのか、、、、いや、まだ死なないだろう。死ぬはずない。
3月半ばまで持たないって余命宣告されてたのに、5月まで生きているんだから。
なんて思いながら車を走らせた。
雨が降っていた。
病院に着いたら、ほとんどの親戚が揃っていた。
それでもなぜか「親戚まで呼んで大げさな」なんて思ったりもしていた。
だって、絶対死なないと思っていたから。
祖父と祖母も到着した。
癌だと知らなかったじいちゃんとばあちゃん。
娘を先に失ってしまう気持ちはどれほどの思いだっただろうか?
親族が全員揃った朝方5時頃。
さっきまで行ったり来たりしていた心電図が「ゼロ」から動かなくなった。
まるで、全員揃うのを待っていたかのように
「もう頑張らなくて良いから」と父親が話しかけたその直後に
母親は、遠い空の上に行きました。
20年前の5月14日の朝は
昨日まで降っていた雨がすっかり止んで、まぶしいぐらいの天気だった。
黄色い菜の花畑がとてもキレイだった。
母親を失って悲しいはずなのにその日はなぜか
「しっかりしなきゃ」と冷静だった。
でも、その次の日からものすごい後悔の日々だった。
姉と父親に看病をまかせっきりで
私は何もしてあげれなかった。
なんて親不孝なんだろう。
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい
毎日毎日、母親の棺の前で謝った。
まだ子供だった私は、お通夜や葬儀の段取りも分からず
喪服だって持ってなかった
毎日、近所の人や親戚が押し寄せてくる
とうとう火葬の日が来た
母親が火葬炉 に運ばれていく時
これが、今まで生きてきた中で一番辛かった一瞬だった
享年46歳
まだまだやりたいことがあったと思う
これから親孝行と言うときだった
私は、特にやりたいこともなくただ母親に認めて欲しくて
安定した職業の金融機関に入った。
あれから20年
私は、母親が望んでいた「安定した職業」ではない仕事をするようになって
大船渡からも出てしまった
母親が生きていたら、どれだけ心配しただろうか?
遠い空の上の母親は
どんな風に今の私を見ているだろう?
応援してるだろうか?
それとも、早く辞めなさいと怒っているだろうか?
生きていたら、どんな風に私にアドバイスしただろう?
そんな想いをいつか曲にしようと思って作ったのが
「遠い空の上で」と言う曲。
母親に向けて書いた手紙のような曲です。
今日は、たった一人のあなたのために歌いますね。