このページをご覧いただいた皆様、ありがとうございます。

きっと今あなたの手元に、旅をしている「国道45号線」のCDが届いたのでしょう。

椿とさんまで有名な岩手県大船渡市出身シンガーソングライターの濱守栄子です。

私のふるさと大船渡市は、2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた町の一つです。

そんな故郷を応援するために作った曲が「国道45号線」という曲です。

私は陸前高田市の高田高校を卒業、そしてゆるきゃら「たかたのゆめちゃん」のテーマソングを歌っていることから、

大船渡市と陸前高田市の市長へ直接CDの売り上げの1部を義援金として寄付する活動を今も続けております。

沢山の皆様のおかげでその金額は550万円を超えたところです。本当にありがとうございます。

550

996767_1096612387045406_2134426405725839554_n

そして今年はずっと夢だった、岩手県で一番大きな音楽ステージである「いわて紅白2016」の出演も決定しました!

 

しかしながら、私の知名度も全国的に見るとまだまだで。

もっとたくさんの人にこの「国道45号線」を知っていただき、義援金を集め、命の大切さを伝えていくためにはどうすれば良いのか

 

ずっと考えていました。

全国のテレビに出演出来たら知名度も格段に上がると思うのですが、そう簡単なことではありません。

そんな時、みんなの夢を守るために今年の7月7日に立ち上がった一般社団法人七夕協会の代表理事の「小磯卓也」さんとの出会いがあり、

この悩みと夢を相談したところ

こんな時代だからこそアナログでこの曲を知ってもらおう!の考えにたどり着き

「国道45号線」のCDに一人旅をさせることにしました!(笑)

私がまだ歌いに行けてない北海道から沖縄までの町に、CDだけ先に旅してもらおうと思っています!

スタートは七夕協会の発足記念パーティが行われる10月21日に

七夕にちなんで7枚のCDに旅立ってもらいます。

 

正直かなり無茶な企画ですが、皆さんの暖かいご好意でこのCDを人から人へと繋いで頂ければ幸いです。

私はキセキを信じています。

 

濱守栄子

 

 
国道45号線旅日記はこちら

国道45号線一人旅のルールはこちら